忍者ブログ
現在はテニスに愛。クリマイ感想等は休止中。
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11
264  259  257  313  255  254  253  312  249  248  245 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とりあえず昔の記事を整理中。
テスト前になーにやってんでしょうね。ストレス発散?

現実逃避ですよね。


『シナプスの柩』

医療現場が舞台のシリアス系BL。
受けが自殺未遂、記憶喪失、幼児退行とものすごくへヴィーな展開なんですがドラマ・演技と作りが丁寧で聴いたことを後悔しない、素敵な作品。

主演は野島健児、グリッソムの中の人、の息子で野島兄弟の弟さんです。
真面目でのほほーんとした感じが好き。声質はぶっちゃけお兄ちゃんと瓜二t(ry
攻めの小西さんも美形声もいい感じ。ご本人の顔ちらついちゃいましたけどね!

私の大好きなナリケンさんと野島さんの対談。冒頭↑について語ってます

やっぱ和むなぁ…この2人の声。W癒し系ですよ!
マイナスイオン!!

…ただ、後半寝落ちしてしまった……不覚。

局私的興味を満たす成田剣情報補足。

①触る(某ラジオ公録より)

宮田「成田さんてアフレコの時身体触ってくるんですよ」
成田「でも宮田君は全然抵抗しないから喜んでるのかと思って」
宮田「それは本番中だからです」

そりゃそうだwww

②リアルすぎる(某BDイベントより)

成田「えっと…BLって知ってる?」
司会「…知ってます、というか大好きです。カミングアウトします(笑)」
成田「最初はよく分からなくて...恥ずかしがっても仕方ないからとにかく一生懸命やろうと思ったの。 そしたらディレクターに『成田さん、そんなにリアルにすると女性が引きます』って言われてね。なんだよそれはーーー もっと早く教えてよ!!!って思ったよ」

成田 「それ以来、あまりリアルにならないようにしてます。でも攻めの場合は多少手抜きが出来るんだけど受けは大変。この前も収録してたら女性みたいになっちゃって。途中で戻ると思ったら戻らなくてね。ストップがかかって『成田さん、女性っぽくなってます』と言われちゃった。ああ、やっぱりそう思います?って感じでしたよ」 「その時の相手が小西だったんだけど、すごい無表情でやるからやりづらかったな」(会場:爆笑)

成田さんの受けは好き嫌い分かれると思いますがやっぱおっさん系…だったかな。
でも井上さんよりは高めの声だったよーな(ウロ覚え

③禁則事項破り

○ーエーさんのイベント注意事項(リハなどでスタッフから耳タコになるほど念を押されるとか)
ⅰ危険行為禁止 みんながナリケンをみる(舞台から飛び降りて全治二週間の怪我をした前科から
ⅱ下ネタ禁止 みんなが岩田さんと関さんをみる(いわずもがな?
ⅲボーイズネタ禁止 みんながもりもりと賢雄さんをみる(多分出演本数的な…^^;

全部破ったことがあるのはナリケンさんだけだ!!!


『黒羽と鵙目』

井上さん受け以上に怖いもの聴きたさで。
任侠もの、しっとり聴く系の王道BLで梨園と同じ路線。安心して聴けます。長い原作の1巻分(?)らしくプロローグで終わってるのが残念といえば残念。
メインは小杉×堀内。もうポイントはここだけですよ。
同級生けん(賢)じゅう(十)コンビ!


やー…

お疲れ様ッス賢雄さん><b

しっかし小杉さんはほんとにおっさんの扱い上手いなww
小杉さんが相手だと受けが戦闘喘ぎ 呻きでも「…これはこれでかわいくね?」とか思える不思議。声質か人柄か…^^;

あとフリト!これが18分もあって面白い。ちゃっかり山野井さん(CSI、ウォリック)もいたり。ベテランのお2人にかかれば山野井さんでさえもいじられキャラ(笑)



鵙目「…男じゃなくなっちまう」
黒羽「いいじゃないか。女になれよ。俺に抱かれているときだけ女になればいい。どうせ、観ているのは俺だけだ。とびきりの女になれ。そしてあとは、男の中の男でいろよ。どのみち、どのみち親友は俺だけなんだし。あとの人生は、猛々しくて野太い男で渡り合え。」
って台詞がすっごいよかったです。

そーそーこれだよね!みたいな。

フリト音源 http://www.tudou.com/programs/view/Uk0q9xOhPKo/
(本編もあがってます)

賢雄「十郎太が相手役だと知っていたら、出演拒否していましたね」

賢雄「ひどいんですよこいつ。3バージョン位絡みがあったんですけどね、あなた僕の顔ちらちらみてたでしょ?」
十郎太「あのね…そんなこと、貴方が気づくはずありません。えーなんでかというとですね、絡みのシーンはですね、賢雄くん左向いて…僕に背中を向けてやってましたから」
賢雄「これはね、もうね…だってこれ正直そうじゃないと僕、できないですよ」
十郎太「ひどかったですね~、僕の顔いっさい見ないんですから」
賢雄「ということは貴方は僕を観ていたわけですね」
十郎太「みてましたよそりゃ。 だって攻めはみてないと…」
賢雄「黄色いソファの残骸にあなたの顔を重ねてやりました」

絡みのシーンの収録はみなさん気を遣って、2人だけでの収録だった模様。
唯一の女性キャストの根谷さんは、音を聴くこともしなかったそうで。
いい人だ(涙)

賢雄さん、これ以降いっさい受けをやってらっしゃらないところをみると、
懲りたんでしょうね。
まー相手役に小杉さんはちょっとヒドイよな…^^;
高校来の友人ですから!!やめたげて!!

それにしても顔見ずに絡みやるとかさらっと言ってるけどすごいことですよね。






PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/16 JOAN ]
[09/16 NONAME]
[09/16 NONAME]
[09/03 ちび]
[06/27 yumi]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
cesborg
性別:
非公開
職業:
院生
趣味:
海外ドラマ、CDドラマ、読書
自己紹介:
雑食。なんでもござれ。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(10/09)
(10/29)
(10/30)
(11/05)
(11/11)
P R
アクセス解析
忍者アナライズ
"cesborg" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]